顔のむくみの原因と対処方法

顔のむくみの原因と対処方法とは

朝起きると顔がむくんでいることはありませんか。酷い人は、顔がぱんぱんになり二重の人でも一重まぶたになってしまうことがあるほどです。とくに前日体に負担がかかるようなことをしたわけではないの、にこうした症状が起こってしまうという人は多いのではないでしょうか。女性はメイクがし辛いといったことだけではなく、フェイスラインが膨らんでしまうために、太って見えてしまうこともあります。

 

そもそもむくみとは、どのようなことがきっかけで起こるのでしょうか。むくみは、体内をめぐっているリンパの流れが悪くなることで起こります。また、老廃物を含む水分が顔に溜まってしまうことで発祥してしまうのです。

 

基本的に、こうしたむくみは肝機能が低下しているときに起こります。肝機能が衰えていることで、例えば前日にお酒を飲んで寝てしまうと、そのアルコールが体内で分解されることなく老廃物をして顔に溜まってしまうのです。また、体内の水分調整が悪くなってしまうときに、部分的にふくみが発生してしまう場合があるのです。また、塩分や糖分を摂取し過ぎる場合にも顔のむくみが発生してしまう場合があります。いずれにしても、体内に多く溜まってしまった老廃物をうまく体がコントロールすることができないことが大きな原因となっているのです。

 

では、そのむくみを引き起こさないためにはどのようなことを行えばよいのでしょうか。まずは、自分の体に合ったアルコールや塩分、糖分の摂取方法を理解することが重要です。体内で分解することができない量を摂取してしまうことでむくみは起こりますので、むくんでしまった日にはどのような物を前日に食べたかを考えることが重要です。自分で摂取量をコントロールすることが大切なのです。

 

また、肝機能を向上させることも重要です。まずは規則正しい食生活や、適度な運動、睡眠時間の確保をすることが大切です。こうした生活を続けることで、肝機能が向上しむくみを引き起こさない体を作ることができるでしょう。

 

TOPへ